スマートフォン用ページはこちら

埼玉りそな銀行金融機関コード 0017

文字サイズ

生命保険(年金・終身・医療など)

もしもの場合の備えに

生命保険に関するご注意事項(必ずご覧ください)

埼玉りそなで保険を選ぶメリット

豊富な選択肢 多くの保険会社の商品の中からお客さまに適した商品をお選びいただけます。

お客さまのご要望に対して適したご提案が可能です。

身近で気軽 お客さまに身近な埼玉りそなの窓口でご相談いただけます。

店舗で相談する

お近くの埼玉りそな銀行窓口でお気軽にご相談ください

お近くのお店を探す

商品ラインナップ

個人年金保険

払込んだ保険料を運用し、ご契約時に定めた年齢から年金として受取れる保険です。

変額個人年金保険

定額個人年金保険

平準払個人年金保険

終身保険

生涯にわたって死亡保障が続く保険です。一時払と平準払があります。

一時払終身保険

平準払終身保険

定期保険

一定の期間、死亡保障を確保できる保険です。

商品情報

医療保険

万一の病気やケガによる入院・通院・手術などに備える保険です。

商品情報

がん保険

「がん」による入院・通院・手術などに備える保険です。

商品情報

学資保険

お子さまの教育資金を計画的に準備できる貯蓄型の保険です。

商品情報

生命保険に関するご注意事項

  • 保険商品は、埼玉りそな銀行が募集代理店としてお取扱いする商品です。保険契約の引受や保険金等の支払は、引受保険会社が行います。預金ではありませんので、預金保険制度の対象とはなりません。また、埼玉りそな銀行による元本および利回りの保証はありません。
  • 生命保険募集人の役割は、お客さまと生命保険会社の保険契約締結の媒介を行うもので、保険契約締結の代理権はありません。
  • 生命保険契約はお客さまからのお申込みに対して生命保険会社が承諾したときに有効に成立いたします。
  • 引受保険会社の業務または財産の状況の変化により、ご契約時にお約束した保険金額・給付金額・年金額・解約返戻金額等が削減されることがあります。
  • 引受保険会社が破綻した場合には、生命保険契約者保護機構により保護の措置が図られますが、ご契約時にお約束した給付金額・年金額等が削減されることがあります。
  • 保険商品をご契約いただくか否かが、当社との他のお取引きに影響を及ぼすことは一切ありません。
  • 法令上の規制により、お客さまのお勤め先や当社への融資のお申込状況等により、保険商品をお申込みいただけない場合があります。
  • 取扱保険商品はクーリング・オフの対象です。
  • 保険商品のリスク・費用等は、「商品パンフレット」や「契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)」で必ずご確認ください。また、ご契約の際は、「ご契約のしおり・約款」を必ずご確認ください。詳しくは、販売資格を持った担当者(生命保険募集人)にご相談ください。
  • 個人年金保険、一時払終身保険に関しては、以下の点もご注意ください。
  • 変額個人年金保険・変額終身保険は、特別勘定において主に国内外の株式・債券等で運用しているため、株価や債券価格の下落、為替の変動等により、積立金額・解約返戻金額等の受取総額は払込保険料を下回る場合があります。
  • 定額個人年金保険、一時払終身保険は、商品によっては市場金利に応じた運用資産の価格変動が解約返戻金に反映されるため、市場金利の変動により解約返戻金が払込保険料を下回る場合があります。
  • 外貨建の保険商品は、外国為替相場の変動により、受取時に円で換算した年金額・死亡保険金・解約返戻金等の受取額が、契約時に円で換算した受取額を下回る場合や、払込保険料を下回る場合があります。また、外国為替相場の変動がない場合であっても、保険料の払込時および年金額・死亡保険金・解約返戻金等の受取時に適用される為替レートの差により、受取時に円で換算した受取額が、契約時に円で換算した受取額を下回る場合や、払込保険料を下回る場合があります。
  • 運用期間中および年金受取期間中には「契約時初期費用」「保険関係費用」「運用関係費用」「年金管理費」等の合計をご負担いただきます。また、解約(減額)時には「解約控除」がかかる場合があります。外貨建でご契約された場合は、上記に加えて外国通貨のお取扱いにかかる費用など、商品により上記以外の費用をご負担いただく場合があります。なお、費用の名称、ご負担いただく費用およびその合計については、商品ごとに異なりますので、詳細は各商品の「商品パンフレット」「契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)」等でご確認ください。