埼玉りそな銀行

埼玉りそな銀行

新型コロナウィルス感染拡大に伴う、住宅ローン返済条件の変更について

1.当社住宅ローンをお借入れのお客さま

当社では、新型コロナウィルス感染拡大に伴い、事業・給与収入等が減少し、従来通りの毎月返済が困難となったお客さまに対し、12カ月以内の一定期間において元金返済を据置く(猶予する)条件変更手続をご用意しています。(2020年12月30日受付分まで)

【上記条件変更手続きの特徴】

元金返済据置期間は、毎月お利息のみをお支払いいただきます。
しかしながら、ご返済期日の延長は行いませんので、元金返済据置期間終了後の毎月返済額は、現在より一定金額増加いたしますのでご注意ください。

元金返済据置のイメージ

【お手続きについて】

  • 本ページの「返済条件変更のWeb申込手続きへ進む」ボタンから、入力画面にお進みください。
    • 必ずお借入人ご本人さまがご入力いただくようお願いします。
    • 入力いただいた内容について、必要に応じて当社よりお電話等でご連絡させていただきます。
  • 年収証明、確定申告書等のご提出は不要です。(2020年12月30日受付分まで)
    • ご相談内容によって収入に関する資料のご提出をお願いする場合がございます。
  • 「新型コロナウィルス感染拡大に伴う住宅ローン返済条件の変更」についての条件変更手数料は無料です。(2020年12月30日受付分まで)
    • 変更契約書に貼付する収入印紙200円のご用意が必要です。
  • 変更のご契約
    ご来店による変更契約手続きが必要です
    • 住所変更のお手続きがお済みでない場合、住所変更のお手続きが必要です。

【ご留意点】

  • ご返済期日の延長、毎月返済額の一定額減額等、上記以外の変更をご希望の場合はご来店によるご相談・ご契約が必要です。
  • 固定金利特約期間中の場合、据置期間は特約期間終了の前月までとなります。なお、上記条件変更手続きと同時に、変動金利へ切替えすることも可能です。
  • 毎月のご返済に遅延がある場合は、対応方法につきまして担当部署よりご連絡いたします。
  • 一部商品やお借入状況によりお取扱いが異なる場合があります。その際は担当部署よりご連絡させていただきますのでご了承ください。
  • お借入状況や審査の結果、ご希望に添えない場合もございますのでご了承ください。

2.住宅金融支援機構融資(フラット35等)をお借入れのお客さま

当社で住宅金融支援機構融資をご利用のお客さまに対し、返済方法変更のご相談を承っております。

【返済方法変更について】

ご返済が困難になっているお客さまへの返済方法変更につきましては、以下をご覧ください。

https://www.jhf.go.jp/topics/topics_20200323_im.html

【お手続きについて】

  • 本ページの「返済条件変更のWeb申込手続きへ進む」ボタンから、入力画面にお進みください。
    • 必ずお借入人ご本人さまがご入力いただくようお願いします。
    • 入力いただいた内容について、必要に応じて当社よりお電話等でご連絡させていただきます。
  • 年収証明、確定申告書等のご提出は不要です。(2021年3月31日受付分まで)
    • ご相談内容によって収入に関する資料のご提出をお願いする場合がございます。
  • 変更のご契約
    ご来店による変更契約手続きが必要です。