埼玉りそな銀行

毎月決算型と年1回決算型ではどちらが得ですか?

投資信託の分配金は出した分だけ運用資産が減少する、「取り崩し」となっています。
毎月分配金を使う予定があれば、毎月分配金が発生するファンドは自動解約機能にもなるので便利ではあるものの、複利効果の機会を失っています。
長期で資産を増やしていくのであれば年1回決算型や資産成長型のファンドで分配金を受け取らず運用すると運用益がさらに運用されることにより複利効果が期待できます。
長期運用の場合はこの複利効果で大きな差につながることもあるかもしれません。ただし実際の運用では運用益がプラスとマイナスを繰り返す場合もあり、このような場合においては複利効果を十分得られないこともあるため、一概にどちらが得とは言えません。