埼玉りそな銀行

特定口座と一般口座の違いは何ですか?

特定口座とは上場株式等の譲渡益に対する所得税、住民税の納税を簡易な納税申告手続きで完了することができる制度のことです。
特定口座には源泉徴収ありと源泉徴収なしの2種類あり、源泉徴収ありを選択した場合には、金融機関が所得税・住民税を源泉徴収し、代行して納付するため原則確定申告が不要となります。
源泉徴収なしを選択した場合は当社が作成した「年間取引報告書」を利用することで簡易な確定申告で納税が可能です。
源泉徴収あり、なしのそれぞれの主なメリット、デメリットは以下のリンク先特定口座「特徴」をご確認ください。
一般口座の場合、お客さまご自身で年間の譲渡損益を計算して確定申告を行う必要があります。
特定口座源泉徴収ありの口座であれば、煩雑な確定申告のお手続きやご負担(譲渡損益の計算等)を軽減できるのでおすすめです。