スマートフォン用ページはこちら

埼玉りそな銀行金融機関コード 0017

文字サイズ

企業年金

公的年金の役割の縮小や少子高齢化の進展により老齢給付を主とした企業年金の重要性は増しています。
また、会計・税制基準の変更や能力主義・成果主義を重視した人事制度への移行、雇用流動化の進展などを受け、企業年金を導入されていないお客さまにとっても、従業員の福利厚生や雇用確保のため、ご対応を検討する必要性が高まっております。
当社は、お客さまの企業年金にかかるニーズに対応したソリューションをご提供してまいります。

年金制度について

  1. 1.退職給付制度の全体像
  2. 2.確定給付企業年金制度
  3. 3.確定拠出年金制度

埼玉りそながご提供する総合型確定拠出年金(総合型401k)プランについて

  • 総合型401kプランは、制度運営コスト・導入事務手続きの負担の軽減や制度導入までの期間短縮など、大変ご利用いただきやすい制度となっております。
  • 埼玉りそなでは、総合型401kプランとして、埼玉県内の各商工会議所会員の皆さまにおすすめする「埼玉版商工会議所401kプラン」と埼玉県内の各商工会会員の皆さまにおすすめする「埼玉県商工会401kプラン」の2プランをご提供しております。

1.プラン概要

  • 確定拠出年金の導入・運営に必要なサービス(制度設計、運営管理、従業員教育、資産管理、運用商品)をパッケージにしてご提供します。
  • あらかじめご用意する規約に複数の企業が参加する形態です。
  • 運営管理機関・資産管理機関・事務取りまとめ機関※・運用商品等は全ての加入企業で共通となりますが、加入者の範囲・掛金額(率)など重要項目は個別企業のニーズに応じて設定できます。
  • 事務取りまとめ機関とは、各参加企業とレコードキーパー・資産管理機関との間で行われるべき事務を代行する機関のことです。
  • 「埼玉版商工会議所401kプラン」の事務取りまとめ機関は『さいたま商工会議所』が、また「埼玉県商工会401k」の事務取りまとめ機関は『埼玉県商工会連合会』が担当します。

2.プランの仕組み

  • 運営管理業務の中の記録関連業務はJIS&T(日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー社)に再委託します。
  • 資産管理業務の一部を「日本トラスティ・サービス信託銀行」に再信託します。

3.制度導入例のイメージ

新卒定年時の現行退職金水準をカバーする確定拠出年金制度の導入イメージ

4.プランの特徴

  1. 1.コスト負担の軽減
    複数の企業が同一のプランに加入して制度管理を集約することでスケールメリットを享受することができます。1社単独で各サービスを個別にご利用頂く制度導入方法に比べて、最大4~6割程度コスト(対りそな銀行の一般型コスト)負担を軽減することが可能です。
  2. (単位:千円)

    • 会員向け・1社あたりコスト
    • 資産管理手数料は確定拠出年金の個人口座から引落とされるため、上記に含まれておりません。
  3. 2.事務負担の軽減
    事務取りまとめ機関が一括して企業事務を代行することにより、参加企業の事務負担が軽減されます。
  4. 3.制度導入期間の短縮
    埼玉りそな銀行が制度設計から運営・管理まですべてのサービスをパッケージ化してご提供しますので、短期間での制度導入が可能です。
    • 制度設計確定後、概ね3か月程度で制度開始出来ます。
  5. 4.運用商品ラインナップ
    定期預金3本、保険商品1本と投資信託・年金投資基金信託8本の合計12本で構成し、基本的な運用商品カテゴリーを揃えており、投資に不慣れな方でも商品の選択がしやすいラインナップとしております。
  6. 5.わかりやすい投資教育
    簡易でわかりやすい教育ツールをご提供します。また、継続的な啓蒙・投資教育のサービスをご提供していきます。