今を照らす、
未来とつながる

Illuminating the present, connecting with the future.

NEWSお知らせ

1918年に第八十五銀行本店本館として川越に誕生したこの建物は、今でも川越のランドマークとして親しまれています。約100年に亘り、銀行として地域の皆さまとともに時代を歩んできたこの場所は、2024年5月に「りそな コエドテラス」として生まれ変わりました。

  • 埼玉りそな銀行
  • 地域デザインラボさいたま
  • 株式会社コミュニティコム
  • アイル・コーポレーション
  • ノースコーポレーション

りそな コエドテラスについて

持続可能なまちづくりの実現ヘ向け、りそな コエドテラスでは新たな産業創出や育成支援のプラットフォームとしてインキュベーション_コワーキングスペース、シェアキッチンなどの機能を充実させています。 またこのご縁が深い川越の地から、埼玉の食文化や農産物、伝統技術などを伝えるためのショップやレストランの運営、そして地域の方々へ新たなライフスタイルとして、皆さまが集い、新しい発見やつながりを感じていただける場所を目指しています。

FLOOR GUIDE

りそな コエドテラスでは創業支援施設(会員制)のほか、飲食店やギャラリーなど館内全体をお楽しみいただけます。
歴史的な建築や意匠もぜひお楽しみください。

2F

りそな コエドテラスでできる
4つのこと

創業支援を担う「Resona Kawagoe Base+」では、事業形成からコミュニティ支援まで、りそなグループ社員が常駐して各種相談に対応。
あなたの未来へ向けた計画をりそな コエドテラスが全面的にサポートします。

川越から発信される埼玉の魅力

りそな コエドテラスでは、埼玉県の食材をふんだんに使用したレストランや、地域の魅力あふれる特産物の販売を行っております。

第八十五銀行と川越の歴史

りそな コエドテラスの建物は1918年に保岡勝也により設計されました。100年余りの歴史を持つ建物と川越の歴史をご紹介します。