スマートフォン用ページはこちら

社長メッセージ

「埼玉県の皆さまに信頼され、地元 埼玉とともに発展する銀行」を目指し、
「守るべきを守り」「変えるべきを変え」、社員全員で質の高い地域金融機関No.1へ

写真:株式会社埼玉りそな銀行 社長 池田一義

【ごあいさつ】
 皆さまには、日頃より埼玉りそな銀行をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。埼玉県は、鉄道・道路交通網が充実しており、企業や人口の流入が進むなど、魅力が高まっております。また、本年にはラグビーワールドカップの開催、翌年にはオリンピック・パラリンピックの開催を控えており、今後更なる発展が期待されています。

 このような環境下、当社ではお客さまに合わせた最適なサービスのご提供を通じて、お客さまの利便性向上に努めております。法人のお客さまには、ご融資だけに留まらず、グループ50万社のネットワークを活用したビジネスマッチングや、人財ソリューションのご提案などによる成長支援を通じて、お客さまの経営課題解決に取り組んでおります。

 個人のお客さまには、お客さまの暮らしにしっかりと寄り添い、ライフステージに応じた解決策をご提案するトータルライフソリューションのご提供に努めております。具体的には、住宅取得資金などライフイベントに応じたご融資や、人生100年時代を見据えた中長期での資産形成サポート、グループ信託機能の活用による相続・承継ニーズへの対応などのサービスを、お客さまに最適な方法でご提供いたします。

 加えて、当社ではお客さまのニーズの変化を先取りした新たな事業領域への取組みも進めております。具体的には、お客さまのキャッシュレス化をお手伝いするため、“決済”をトータルにサポートする「りそなキャッシュレス・プラットフォーム」をご提供させていただいております。また、シンプルな画面と操作性が特徴の「りそなグループアプリ」は、取扱い開始後1年余り経過しましたが、たくさんのお客さまにご利用いただき、ご好評の声をいただいております。今後もお客さまのニーズに応じて、当社のサービスを「いつでも」「どこでも」便利にご利用いただけるよう努めてまいります。

 令和という新たな時代の節目を迎えるなか、当社では次世代金融サービスモデルの構築を進捗させるとともに、“道徳銀行”の精神を徹底することで、開業以来の目指す姿「埼玉県の皆さまに信頼され、地元埼玉とともに発展する銀行」の実現に向けて取り組んでまいります。そして地域・お客さまに寄り添い、その期待に沿う「真に選ばれる銀行」を目指し、役職員一丸となって挑戦してまいります。今後ともより一層のご支援、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

2019年7月

社長 池田 一義